PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恵那

優柔不断な天気予報は、心まで優柔不断にするようで、

現地に着くも「なにのぼろ~、どうしよ~。」とはっきりしません。

とりあえず難しい課題でも見たらモチベーションが上がるかなと、

キュケオンを探しましたが、はっきりしない心を写すがごとく迷いまして、

ジュワワの岩にたどりつきました。

「いかにも登れそうなライン」=「罠」です。

優柔不断な心を隠し、ムーブを探るふりして、

アウトドアライフを満喫しています的に振舞っていたら、雨だす。

意固地になって、振舞い続けていましたが、

ユニクロのロンT一丁では寒くなってきたので、下山です。

なんとも、お粗末です。

これではイカんと奮起して、レッドケイブを目指し、

笠置ジャンプだっけか?をやったらメチャ振られまして、

立ち木に反射的にトゥーフックしてしまい、左膝裏を痛めてしまいました。

一応、レッドケイブもお触りして、右ふくらはぎを打撲。

四点支持でイルガに辿りつき、しばし放心しておりましたが、

やめときゃいいのに、また奮起してイルカルガ。

のぼれそうな雰囲気だけ、かもし出してみました。

まぁ、こんなもんです。

山を舐めて、すいませんでした。
スポンサーサイト

| 岩登り | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。